無害のモニュメント2

強迫性障害(たぶん)、成功体験欠如、eスポーツ、とはいえ生活は続く

うあp

日記の作り方はこうだ。書き方ではなく、生成の仕方。真面目に書くきはない。なるべく不真面目に・それでいて思考の振り返りが過不足無くできたらそれでいい。継続したいのだから、要求される真面目パワーはなるべく小さい方がいい。

まず日中にScrapboxになるべく多くを書く。適当に括弧で括っておけばタグになってくれるので、テーマがぐちゃぐちゃの書きなぐりに使いやすい。これは発明品だ。文字にしておくほうが頭の中で強迫観念に殴られるときの曖昧さが軽減されるので、特に意味がなくてもかまわず書く。

そして夜寝る前に適当にブログに要点だけを書き写しつつ総括する。Scrapbox内では総括できてないのだけど、まあ末尾にブログを貼っておけばいい。

ブログとは別で、1週間に一度まとめページを作ろうとも考えている。

 

では日記である。

今日は某チェーンの中古屋にバイトの申し込みをしたんだけど、1時間後にかかってきた電話をとることができず、おそらくそれは面接の時間を伝えるだけであり、同じ内容のメールが続けて到着したのでまあよしとした。

こういう「まあよしなのだけど第一印象としては悪いよね」という状況を作るのが非常にうまい。もはや明日になってから電話をかけてもギクシャクするしどうしようもない。考えすぎかもしれないし、考えすぎじゃないかもしれない。そのことについて考えすぎる。

このファーストコンタクトの下手さは、俺が生まれながらにもっている固有スキルだな。決定打のやらかしがないだけに、非常に微妙な人間関係ばかりが増える。電話を取れなかったのは、なぜか「着信音ありの、最低音量」に設定されていたからだ。こういうことばかりだ。

Spotifyユーミンを聴く。「14番目の月」「DANG DANG」が好き。

Yo La Tengo(ヨラテンゴ)のライブ、思ったより近すぎて金が貯まらず断念。年内になんどかチャンスが有ったスマブラ遠征ももはや厳しい。コミケだけは行きたいのだけど、ブコフって年末忙しいからどーだか。グッズへの欲求はあまりないから、評論とか紀行文とかを書いたいんだよな。なんだよ書いたいって、GoogleIMEバカになってね?

耳コピとかしたかったけど、なんとなく風呂に入りすぎたりアニメーションを見すぎたりしてるうちに時間が底をついた。寝る。