無害のモニュメント2

強迫性障害(たぶん)、成功体験欠如、eスポーツ、とはいえ生活は続く

時間をかけてはいけない,

Scrapboxを、個人情報をうまく処理したりしつつそのまま公開するより、ざっと見てからブログに清書したほうがいい。ただし制限時間5分。

崖から落ちながら飛行機を/パラシュートを」とかある。俺の技術は安定期ではない。いかにもスタート(アップ)的な段階だ。だから効率とか網羅性ではなくて、徹夜して仕上げるようなことをして、「とりあえず動くようになる」(今回で言えば、技術が「一応床と屋根がある」というところまでもっていく)ことをするべき。床と屋根があったら、そこからは自由だ。床と屋根がないのに家具にこだわってはいけない。結局非効率。

可読性がまるでない。さすがに元がメモだからこーなる。要は、技術の習得が目的というよりは、なにか目的があって、それに対して最短経路で屋根を建築する。パラシュートを編んで広げる。

崖から落ちながら本を読んでてはいけない。だんだんと危機感も薄れてしまう。そうすると曖昧なまま地面にぶつかって死ぬ。

無理矢理にでも「ものをつくる」ということを意識しながら学習を進めるべきだ。学習自体が面白くなるのは、及第点を自然と得られるようになってからだと思う。一生初学者もどきみたいなところで俺が止まっている理由は、なにもつくってないから。